役に立つ通学時の防犯対策グッズをご紹介

昨今の通り魔などの恐ろしいニュースが増えていることも踏まえて、防犯グッズを子どもの通学時に持たせることは、珍しいことではなくなってきました。しかし、防犯グッズと言っても種類が多すぎて、どのグッズを持たせたら効果的にわが子を危険から守ることができるのか、ということをポイントに考えてみたいと思います。中でも防犯ブザーは鉄板対策で、ほとんどの子供がランドセルに防犯ブザーをぶら下げていますし、学校側からも進められているグッズです。ご入学のプレゼントとしても喜ばれます。防犯ブザーを買う際には、知っておいてほしい条件があります。機種によって大きく異なる音の大きさです。安いものだと90dbくらいのものが売っていますが、できれば100db以上の物を買うことをお勧めします。90dbというと犬の鳴き声位の大きさで、交通量の多い通りなどでは聞こえづらいです。

せっかく防犯ブザーを買っても、使えなくては意味がない

せっかく防犯ブザーを買っても音の大きさが一定以下では効果が低いですし、ピンを抜いて音を出す防犯ブザーですが、ピンをなくしてしまう子供のために、ピンが抜けきらないタイプの防犯ブザーも売られていますが、ピンをなくさない利点がありますが、いざという時に簡単にブザー音を止めてしまえる危険があるので意味を成しません。加えて、防水タイプの防犯ブザーでなければ、雨の日に壊れて使えなったという例もあります。緊急時以外使わない防犯ブザーですが、電池が切れていたり、濡れて壊れていては意味をなさないので、常にブザーが鳴るかどうかの確認は必要です。小学生の通学に使える防犯グッズとしてGPS機能もあると安心です。ただ、防犯目的でも携帯電話のようなものは学校には持ち込めないルールがありますので確認が必要です。

キッズ携帯、キッススマホ、GPSウォッチ

防犯ブザーだけでは、心もとないという親に対して、色々なGPSグッズが出てきています。キッズ携帯やキッズスマホは、親のスマートフォンから子供の位置を確認することが出来るので、持たせているだけで安心です。キッズ携帯であれば、電話やメールを制限できるので、余分な心配は不要ですし、防犯ブザー機能を兼ね備えている商品もおおいですので、通学時だけでなく放課後に遊びに行く時などには持たせている安心です。GPSウォッチといって、通信キャリアが提供している時計型のGPS製品もあります。腕に取り付ける時計型で、防犯ブザー機能を使うと親にメール通知がくる機能や、出かけ先で親と一定距離が離れたらブザーが鳴って知らせる迷子防止機能がついていたりと多機能な腕時計です。鍵っ子なら携帯やGPSウォッチを活用して子供の現在地を知れると安心につながります。