歯科治療を頑張った子供への景品やご褒美

少子化の影響で子供の数は減っていますが、その分子供を持つ親の健康への意識は高まっています。歯科治療というのは、痛みや削る際の音などに抵抗を感じやすいです。行くだけで緊張してしまう子供も少なくありません。そこで、頑張った子供のためにご褒美を用意する歯科医院が増えています。頑張った子供に対してご褒美をあげることで、うれしいという気持ちと共に、治療に対しての自信がつき、次も頑張ろうという気持ちになります。 景品として用意されるものは、それほど高価なものでなくても構いません。子供がもらってうれしいと感じるものを用意してあげるといいでしょう。例えば、簡単なゲームができるおもちゃなどなら、子供も楽しんで遊ぶことができます。

様々な種類の景品を用意する

子供にとって、治療後にもらえる景品は魅力的なものです。しかし、毎回もらえるものが同じであれば、だんだんその楽しみも減ってしまいます。そこで、歯科医院でそのようなご褒美を用意する場合は、様々な種類のものを用意する、毎月並べるものを変えるなどの工夫が必要になります。例えば、キャラクターのおもちゃであっても、たくさんの種類があれば、それを全種類集めるために積極的に通ってくれる可能性が高くなります。そして、毎月変えるようにすれば、次の月はどのようなものが用意されているのかを楽しみにしてくれるようになり、定期的に通ってもらうことが可能になります。 このように、ただ用意するだけでなく、どのようにすれば子供が通いたいと思えるようになるのかを考えながら用意するとより効果を感じやすくなります。

子供のやる気を育むご褒美を用意

子供はただ物をもらえばうれしいと感じるわけではありません。治療を頑張ったからご褒美がもらえるというのは嬉しく感じるシステムです。回数が増えるごとに、もらえる物の値段が上がっていくようにすると、頑張る気持ちも強くなる可能性もあります。さらに、周りのスタッフも、何をもらったのかを聞いたり、どのような物が欲しいのかをチェックしたりすることで子供との会話につながり、コミュニケーションを深めることができます。欲しいキャラクターなどがあれば、その品を入れることで、より子供のやる気を引き出すことができます。 治療をがんばるうえで、やる気を育むというのはとても重要なことです。そのためには、ご褒美を用意することも必要なのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加