グッズだけではない役に立つ通学時の防犯対策を説明します

子どもが犠牲になる悲しいニュースを見るたびに、安全な場所はどこにあるのかと考えさせられる昨今、子を持つ親なら誰でも心配なことでしょう。通学時の防犯対策をしていても安心しきれないと心配されている親御さんも多いことと思います。年齢も関係なく、もう中学生だから一人で大丈夫などと言える時代ではなくなってきたかもしれません。しかし、それでも常に子どもに付き添っているわけにもいきませんよね。だからこそ安全は自ら作るものと、日頃からしっかり対策を取っておくことがとても重要になります。ほとんどの子どもが持っているだろう防犯ブザーから、キッズ携帯やスマホ、最近ではGPS端末も注目されています。防犯対策というと、このようなグッズを身に着けることが多いでしょう。しかし。それだけでは安心とは言い切れないので、他にも役に立つだろう防犯対策について説明していきます。

防犯対策はグッズに頼るだけでいいのでしょうか

通学時の防犯対策では、集団登下校を行っていたり、地域の大人が見守りをしていたり、散歩をしながらわんわんパトロールを行っているところが多いですね。人の目があるというのは、犯罪抑制になるためとても有効であり、子どもたちの安心感も得られるのでとても有効な活動になります。しかし、人の目を盗むという言葉があるように、悪いことを企んでいる人は隙を狙ってきます。なので、子どもひとりひとりの防犯意識を高めることが必要になります。日頃から、注意を促す言葉の『気をつけてね』という本当の意味をきちんと理解させるのは子どもが自らを守る上でも大切なことです。何も難しいことを教えなくてもいいのです。自分が知らない人に話しかけられても相手にしないことや、知らない人に体を触らせてはいけないことを理解できるまできちんと教えることです。子どもは何に気をつけるのかわからなければ、防ぎようがなくなります。

より安全性を高めるためにできることは何があるでしょうか

通学時などの防犯について、子どもに注意をしている親御さんは多いことと思いますが、子どもがいざという時に助けを求めることができるように、交番・コンビニ・子ども110番の家など人がいる場所や安全な場所を教えて、一人でも行けるようにしておくと安心でしょう。また、ただ言い聞かせるだけでは説得力がないので、日頃から外出時などに人や自転車・バイクなどへの警戒の仕方を教えておくと親子で防犯対策意識が高まります。それから、携帯やスマホを持たせている親御さんもいらっしゃると思いますが、学校や塾で持ち込みを禁止していることも多いので、GPS端末の利用をおすすめします。これなら禁止されていることはあまりないので、防犯対策には有効なグッズといえます。安全は何もしなければ手にすることができません。しかし、過剰になりすぎても不安を煽ってしまうので、健康な心身を保ちながら楽しく子どもに身につけさせられると良いでしょう。