いざと言うときのための通学時の防犯対策グッズを考えましょう

子供が巻き込まれてしまうさまざまニュースが近年多いですので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では通学時などの安全を考えてご心配されることも多いはずです。保護者がついていった幼稚園時代とは違い、お子様自身が通学をするようになった年齢の子供は、行動範囲も今までよりも広がり、単独での行動も増えてきますので、それだけ保護者にとっての心配の種も増えていくというものです。帰宅時間が遅くなるとわざわざお迎えに行くこともあるでしょうが、遠い地域への通いとなると、電車移動にもなりお迎えも難しくなってしまいます。このように子供の行動範囲が広がる時期を境にして、子供の安全を守るための防犯対策を考え始めるご家庭が増えてきます。通学時などにも利用できる防犯グッズなども各メーカーから販売されていますので、ご検討されてみることをおすすめします。

通学での防犯に役立つグッズを検討してみる

特に通学時の子供の防犯グッズともなりますと、小さなお子様でも毎日安心して簡単に使えるような防犯グッズを探して選んでおきたいものです。ひとりで簡単に利用ができる対策グッズは、各メーカーからさまざまな物が販売されています。親子で実際に店舗に行き手にとって確認してみたり、ネット通販サイトなどで調べてみたりすると、良いグッズがたくさん見つかります。特に昔から一般的に知られているグッズは、紐を引き抜いたりボタンを押したりするだけで、大きなブザー音が鳴り響いて、不審者を威嚇し、周囲にお子様の身の危険を知らせ、身を守ってくれるグッズがあり、今でも多くの方が利用されています。これはコンパクトでカバンにつけたりポケットに入れたりできる小さなサイズですので、全てのお子様に扱いやすい定番の防犯グッズとしておすすめです。

通学時のお子様の防犯意識を高めて話し合う

メーカーから販売されている防犯グッズを探しながら、お子様と防犯の大切さも常々話し合っておくことも大切です。グッズの扱い方もしっかりと説明して、親子で一緒に安全対策をしていくことが重要です。子供の安全が脅かされるニュースを具体的にあげながら、そのような時にはどのような態度を取れば良いか、またグッズを使うタイミングなどもよく言って聞かせ、安全意識を持って通学するようにお子様を導いてあげることが大切です。もしも通学時に危険なことがあれば、遠慮することなく防犯グッズを使うことも念を押し、さらにご自宅でシュミレーションしながら練習して慣れておくことも必要です。基本なことですが、寂しい場所でひとりにならない、知らない場所には行かない、声をかけられても絶対について行かないなども、今一度話し合っておきましょう。