お子様の通学時に備える一般的な防犯対策とは

小学校に入学すると、それまで通っていた幼稚園や保育園とは異なり、親の付き添いなしで近所の子ども達と一緒に歩いて通学しければなりません。学校が近ければ心配は少ないかもしれませんが、学校が遠かったり、近くに一緒に登下校できる子がいなかったり、または通う学校によって電車やバスなどの公共交通機関を利用しなければならなかったりすると、特に低学年のうちはトラブルに巻き込まれたりしないかと不安に感じる人は非常に多いです。一人で下校しないことでトラブルに遭遇する確率を減らすことは可能となりますが、家庭の事情やその時々によっても異なる場合もあります。そんな不安を減らすために防犯対策のグッズを持たせる人も増加しています。いざというときのために防犯グッズを持っていると安心なので是非子どもに持たせておくとよいです。

通学時に役立つ防犯対策グッズとは

子どもの通学時に少しでも防犯対策を行うことができるように、防犯グッズを持たせておくと多少安心することができます。防犯グッズとして一番一般的であるのが防犯ブザーです。防犯ブザーは昔から多くの子ども達が愛用してきました。防犯ブザーはランドセルなどにつけておくことができ、紐をひっぱったり、ボタンを押したりするだけで大きな音がなり周囲に助けを求めることができます。防犯ブザーは持っているだけでも防犯対策になり、価格も1000円前後から購入することができるため気軽に持つことができます。また最近ではキッズ携帯やGPS端末機を持たせる家庭も増加しています。GPSで子どもが今どこにいるかすぐに確認することができるため、防犯はもちろんのこと、例えば帰りが遅く、どこで遊んでいるかわからないといったように普段から活用することもでき人気を集めています。

通学の防犯グッズだけでなく防犯対策として必要な対処方とは

通学時の防犯対策として防犯ブザーなどの防犯グッズを持たせることは有効的な方法であるといえますが、こうした防犯グッズをただ持たせるだけでなく、子ども一人ひとりに対してしっかりと防犯の意識をつけさせ、いざというときのために防犯の対処方法を植え付けておくことが非常に大切です。防犯の意識は学校側と家庭側でしっかりと連携をとり常日頃から防犯に対する意識を上げていかなければなりません。防犯の対処方法としてあげられるのはまず一人で帰ってこないことや、決められた通学路で帰宅し、帰ってくるまでに寄り道をしないことなどを徹底して教えていきましょう。また実際に変だなと感じた場合に話に耳を傾けないことや周囲の大人や近くの家に助けを求めることなど、単純ですが非常に重要である防犯の対処方法であるといえます。