歯科医院で子供にあげるための景品

少子化が進んでいますが、一人の子供にかける費用は以前よりも増えています。歯科医院も同様で、子供が気に入ってくれると親子でリピーターになってくれることが多いです。そのため、最近ではキッズスペースの設置などを積極的に行っています。そのような中、治療を終えた子供たちに景品をあげるというサービスが急速に広まっています。
大人でも歯を削られるのは怖い思いをしますが、子供はなおさらです。そのため、治療を頑張ったという意味もあり、プレゼントすることで、子供も喜ぶという仕組みです。物で釣るように感じるかもしれませんが、頑張ったことへの報酬だと考えればいいでしょう。それほど高価なものでなくても、子供はもらえるということに対して喜びを感じるようになり効果を発揮します。

子供が喜んでくれる景品の選び方

子供といっても年齢層は幅広いです。入園前の小さな子供であれば安全性を考えて口に入れても大丈夫なサイズを選ぶといいでしょう。
幼稚園や保育園に入ると、男の子用と女の子用があると便利です。人気のキャラクターものや、光るおもちゃなどがおすすめです。小学生になると、そのようなおもちゃは子供っぽいと感じるようになります。そこで、文房具もおすすめです。鉛筆や消しゴムなどの文房具はいくつあってもいいもので、選べる楽しさがあります。また、どの年代にも好評なのが、食べ物や動物の形をした消しゴムです。最近はケーキやお寿司など様々なデザインが用意されていて、コレクションをする楽しみ方もあります。たくさん並んでいると、見ているだけでかわいく、ディスプレイにも役立つというメリットがあります。

子供に景品をあげるタイミングや方法

歯科医院によっては、治療のたびにプレゼントするというところもあります。この方法は、毎回頑張るという気持ちにつながります。中には、ガチャガチャを用意して自分で回せるようにしているというアイディアもあります。ガチャガチャは自分の好きなものを選ぶことができません。ランダムに出るので、何が出てくるのか分からない楽しみや、回す楽しみがあり子供に好評です。楽しみがあることで、治療も頑張れるという前向きな姿勢も見ることができます。治療が終わって帰る前にあげることで、他の子どもの目に触れやすいというメリットもあります。スペースもとることはないので、キッズスペースや受付に設置することも可能です。
タイミングは治療が終わった後や、治療前に「今から治療をがんばるよ」ということであげてもいいでしょう。

ここでしか買えない勉強が楽しくなる文具やかわいいグッズをお届けし、お子様の素敵な思い出作りをお手伝いいたします。 他社との違いは、ここでしか買えない商品で、お子様の好奇心と想像力を高める製品を販売している会社です。 ターゲット層はお子様がいらっしゃる方で、ここでしか買うことができない商品を多数販売している会社です。 カタログを見ながら品番注文もできるので、簡単にご注文頂けます! 子供が歯科に行った時のご褒美に最適な商品は吉見出版で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加